トップ > Myたびプラス > 絶景露天風呂が自慢の宿5選~関東・信越編~
プラスロゴ

思わず息を呑む絶景露天風呂が自慢の宿5選~関東・信越編~

たびゲーターが自信を持っておすすめする絶景露天風呂をエリア別で4回にわたってご紹介します。今回は東京からも気軽に行ける関東・信越編です。


  • 鴨川ホテル三日月<千葉県・鴨川>

地上35mから望む内浦湾の大海原は圧巻! 絶景露天風呂がオープン

目の前に外房の海が広がる絶景が自慢の宿。「癒やしと健康づくり」をテーマにしているだけあり、館内には20mの屋外プールのほか、岩盤浴や韓国式アカスリ&エステなどリラクゼーション施設も充実。心身ともにリフレッシュできる。そんな同ホテルの最上階、地上35mに新しい露天風呂「一望千里の湯」がオープン。昼は青い海に太陽の光がきらめき、夕方は空と海、湯面が幻想的な茜(あかね)色に染まる。全長150mの開放的な空間の中、時間の経過とともに変化する内浦湾の絶景は必見。
  • ホテルグリーンプラザ箱根<神奈川県・仙石原>

箱根随一の富士山を望む露天風呂 名山を借景にする贅を極めた温泉

箱根十七湯のひとつに数えられる仙石原温泉が湧き出す宿。富士箱根伊豆国立公園内の標高860mから湧き出る仙石原温泉は、肌がサラサラになると言われる名湯。露天風呂からは、男女共に湯船に浸かりながら世界遺産・富士山の姿を眺められる。澄んだ空気と季節ごとに表情を変える富士山の雄姿は、時が経つのを忘れるほどの風景美。特に女性用露天風呂から望む富士山は絶景と評判。箱根湿生花園や美術館への無料送迎サービスもあり箱根観光にも便利。
  • 湯けむりの里柏屋<栃木県・川治温泉>

渓谷と一体となるインフィニティー露天風呂 銀河鉄道の夜を彷彿とさせる幻想的な景色も

「丁度よく、あまり熱くなく、長湯ができ、それに柔らかい感じがする」という温泉の特徴を持つことで知られる日光の奥座敷、川治温泉。そのなかで鬼怒川と男鹿川の峡谷に抱かれるようにたたずむ「湯けむりの里 柏屋」の露天風呂は、この場所ならでの絶景が望めると評判。2つの川の合流点にせり出しており、渓谷とまるで一体化したような風景を望める。さらに珍しい「トレインビュー」の露天風呂で、夜には列車が夜空を飛んでいるかのような幻想的な景色を楽しめる。
  • 風のテラスKUKUNA<山梨県・河口湖>

絶景の逆さ富士は必見! 河口湖と一体化する露天風呂

河口湖の湖畔に佇む、「心地よい開放感」と「癒やされるホスピタリティー」をコンセプトにした宿。最上階に位置する、パノラマ展望大浴場と露天風呂からは四季折々の富士山と河口湖を一望できる。特に、露天風呂(寝湯)につかれば、全身で風と光を感じながら、目の前に広がる雄大な河口湖と湯舟の一体感を楽しめる。天気の良い日には、湖に写る見事な逆さ富士を眺められることも。
  • 蓼科グランドホテル滝の湯<長野県・蓼科>

絶景温泉天国! 渓流のせせらぎや蓼科の自然に癒やされる

温泉と和洋・スイーツ70種のバイキングが、幅広い世代に人気の蓼科の高原リゾートホテル。滝の湯のシンボルである滝を眺められる庭園大浴場、滝の湯川を眼下に臨む「渓流露天 棚湯」と、3つの貸し切り露天風呂があるなど、とにかく温泉三昧の時間を過ごせる。中でも人気なのが、リニューアルした露天風呂。川沿いに設けられた棚湯では、渓流のせせらぎや蓼科の自然をより間近に感じつつ、臨場感あふれる入浴を楽しめる。

絶景露天風呂が自慢の宿をもっと見る

※本ページに掲載されている画像はイメージです。

※掲載している情報は、2018年8月時点のものです。実際とは異なる場合がありますので、お出かけの前に施設に直接ご確認いただくことをおすすめします。

こんな記事も読まれています

条件を指定して宿を探す

日付
部屋数・人数
1
2

閉じる

  • 部屋数

1部屋目

大人人数 

宿泊数
-
+
都道府県名
エリア
詳細エリア
こだわり条件を追加
x
こだわり条件を追加
部屋タイプ
食事条件
宿泊料金
こだわり条件
閉じる

都道府県から
行き先を選ぶ

エリアマップを
タップしてください。

TOP
たびゲーターはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」と国内規格「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。
たびゲーターはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」と
国内規格「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。 詳しくはこちら