トップ > Myたびプラス > 混浴風呂のある宿~東日本編~
プラスロゴ

混浴風呂のある宿~東日本編~

温泉ファンの中でも根強い人気を誇る混浴風呂。柱が一本もない160畳の混浴大浴場や趣ある日本庭園を眺めながらつかれる混浴露天風呂など、東日本にある混浴風呂を厳選してご紹介。

  • 酸ケ湯温泉旅館<青森県・八甲田>

柱が一本もない160畳もの大空間 多種多様な浴槽を有する混浴大浴場

約300年前に発見され、その薬効から湯治場として多くの人が足を運んだ酸ケ湯温泉。その歴史ある温泉地を代表する酸ケ湯温泉旅館の目玉といえば、160畳もの広さを誇る混浴大浴場「ヒバ千人風呂」。柱一本ないヒバ造りの圧倒的な異空間に、熱の湯、冷の湯、四分六分の湯、湯滝などの源泉の異なる浴槽が。また、「ヒバ千人風呂」は、洗い場はないため、体を洗いたいときは千人風呂と源泉の異なる男女別の小浴場「玉の湯」へ。数々の温泉通に愛されてきた温泉宿。
  • 鷹泉閣岩松旅館<宮城県・作並温泉>

奈良時代の開湯当時の面影を残す 4つの混浴天然岩風呂で癒やされる

奈良時代の高僧、行基が発見し、源頼朝も立ち寄ったといわれる作並温泉。その名湯が湧き出る最古の温泉宿と言われているのが「鷹泉閣 岩松旅館」。広瀬川の渓流沿いに立ち、開湯当時の面影をそのまま残す4つの天然岩風呂はどれも混浴で、風情ある景色の中で非日常の世界を体感できると評判。ほかにも、半露天風呂の女性専用清流風呂「香華の湯」やひと風呂つかれば3年は寿命が伸びるといわれる大浴場「不二の湯」といった温泉も楽しめる。(一部女性専用時間あり 19:30~21:00、5:30~7:00)
  • 雨情の宿新つた<福島県・いわき湯本温泉>

情緒溢れる日本庭園を愛でながら 性別や世代を超えた旅人が交流を育む

誰もが一度は口ずさんだことのある「しゃぼん玉」をはじめ数多くの童謡を作詞した詩人、野口雨情ゆかりの宿。そんな宿にひかれているのは、「三箱の御湯」と呼ばれ道後温泉・有馬温泉と共に日本三古泉の一つといわれるいわき湯本温泉。おすすめは混浴の庭園露天風呂「竹林」。四季それぞれに趣の異なる表情を見せてくれる日本庭園を愛でながら、性別や世代を超えた人たちと同じ温泉につかる。ここでしか体験できない特別なひとときを過ごせる。
  • 宝川温泉汪泉閣<群馬県・宝川温泉>

新緑、紅葉、雪景色…… 四季を感じる120畳の大混浴露天風呂

利根川の最上流に位置し、宝川の渓流沿いの大自然に囲まれて立つ一軒宿。3つの混浴風呂と女性専用風呂からなる大露天風呂は、約470畳の広さを誇り4本の豊富な源泉から温泉が流れ出す。3つの混浴風呂のなかでも人気なのが120畳の広さを誇る「摩訶の湯」。春夏には清々しい新緑、秋には、息を飲むほどの美しさを見せる紅葉、冬には幻想的な雪景色が広がる。混浴風呂では、女性は湯あみ着で入浴可。自然の美しさを肌で感じながら温かい交流に心癒やされる。
  • 奥鬼怒温泉ホテル加仁湯<栃木県・奥鬼怒温泉>

秘境の地で感じる非日常の世界 温泉ファンを魅了する混浴露天風呂

人里離れた大自然にあり、マイカーでの乗り入れが禁止されている奥鬼怒温泉郷。不便な地にありながらも、その秘湯ぶりから多くの温泉ファンに支持されている名湯。そんな温泉地を代表する宿といえば、奥鬼怒温泉の中でも最も種類の多い源泉と露天風呂が自慢の「奥鬼怒温泉加仁湯」。泉質も温度も異なる5本の自家源泉を持ち、女性専用の第一露天風呂、混浴の第二露天風呂、第三露天風呂など異なるシチュエーションで、思う存分湯巡り体験を楽しめる。

※本ページに掲載されている画像は、イメージです。

※掲載している情報は、2018年11月時点のものです。実際とは異なる場合がありますので、お出かけの前に施設に直接ご確認いただくことをおすすめします。

こんな記事も読まれています

条件を指定して宿を探す

日付
部屋数・人数
1
2

閉じる

  • 部屋数

1部屋目

大人人数 

宿泊数
-
+
都道府県名
エリア
詳細エリア
こだわり条件を追加
x
こだわり条件を追加
部屋タイプ
食事条件
宿泊料金
こだわり条件
閉じる

都道府県から
行き先を選ぶ

エリアマップを
タップしてください。

TOP
たびゲーターはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」と国内規格「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。
たびゲーターはISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の国際規格「ISO/IEC 27001:2013」と
国内規格「JIS Q 27001:2014」の認証を取得しています。 詳しくはこちら